キンカチョウ・カナリヤ・十姉妹飼育など

フィンチ飼育の悲喜こもごも交々・・。増えすぎたら譲渡も検討中。ご意見など喜んで受付けます。

久しぶりに雛誕生

IMG_20191221_111041IMG_20191221_111047IMG_20191221_111155
ダイヤモンドとアミメの卵は無精卵だったようで残念ながら孵化しませんでした。

でも久しぶりにキンカチョウの雛が誕生しました。
写真はお父さんと一緒の写真。
今回は1羽っ子でした。
お母さんは毛抜き癖があって只今別居中です。
お母さんは今年の5月に誕生した我が家では珍しいノーマル系の体格がいい雌。
生後僅か6か月で子育てなんて・・・(我が家ではほかの雌でも産卵しているで珍しいことではないが。)
このチビちゃんの毛色はフェイスはお父さん譲りのブラック。
チークはオレンジ。フランクは栗色。
特徴的なのは腹の黒色が胸から尾の方まで広がっていること。
IMG_20190513_173759
お母さんの父親はこの写真の雄です。
だからこんな感じに育つのかなあと予想できる。
でもこの父親でさえ尾筒までは黒くない。
一体どんな風に変化するのか?

既に囀りの練習を始めているし一人餌もだいぶ上手になってきた。

やもめ暮らし

IMG_20191129_113233
一人身になった雄。

10月12日に雌が死んでしまった。
卵を2つ産んだところで卵詰まりになってしまい残念ながら逝ってしまいました。
残された2個の卵はキンカチョウに預けましたがそれも無精卵だったようで
孵化予定日を過ぎても孵化しない。(今日で17日目)
オレンジテールの遺伝子が引き継げなかったようです。

昨年は4羽が孵化しましたが、十姉妹仮母の育児下手で2羽無くしあとの2羽のうち
1羽は成長不良で死に、1羽はキンノジコのイジメにより落鳥。
今年こそはと思っていたんだけど・・・。

こんなに寒くなってからの方がダイヤモンドの産卵行動が始まるようで
別のレッドテールペアから今日現在2個産卵したので早速キンカチョウに預けました。

やる気のありそうなキンカチョウなので雄雌交代で一生懸命抱卵しています。

結果はどうなるのか・・。

デブのお嬢さん達

IMG_20191019_124556
おデブになった2羽のダイヤモンドのお嬢さん。
沢山飛んでスリムに成ってくれ。

昨年は4羽の子が採れたが、今年はさっぱり卵も産まない。

原因は肥満(だと思う)

小さな庭箱では、羽ばたくこともしない(1日中じっとしている。)
和名では大錦華鳥だがキンカとは大違い。怠惰な鳥である。

家では雌に限ってだが雄は割とスリムである。

肥満は解消し筋肉質で健康で長生きしてほしい。(人間と同じ)


ギャラリー
  • 久しぶりに雛誕生
  • 久しぶりに雛誕生
  • 久しぶりに雛誕生
  • 久しぶりに雛誕生
  • やもめ暮らし
  • デブのお嬢さん達
  • 大型ゲージの制作
  • 大型ゲージの制作
  • またまた増