キンカチョウ・カナリヤ・十姉妹飼育など

フィンチ飼育の悲喜こもごも交々・・。増えすぎたら譲渡も検討中。ご意見など喜んで受付けます。

ヒノマル・キンセイ

ヒノマルチョウが産卵していました。

3個だったが雄が凶暴化していて抱卵モードにならない。

キンセイチョウは追加で3個産卵。合計7個になった。
ダイヤモンドFも3個産んでる。こちらはしっかり抱卵モード。
十姉妹はその後3個産んだようで、計12個も抱卵している。
なので、準備していたリトルママ(ふ卵器)にヒノマル3個・キンセイ3個・ダイヤF1個入れました。
ヒノマルの1個の殻に傷を入れたのが心配(多分駄目だね)。
ヒノマルの卵ってちょっと比較的ピンク色なんだね。1525391913666
1525391927933

若干高めの38.5度設定。
さあどうなることか?それにしてもフインチたちはすごい勢いで産卵開始、夢のような光景。

対面販売?

2013年9月法律の改正によって、小鳥を買いたいと思っても資格のない者への輸送が出来なくなった。

直接お店で小鳥を見て直接買わなければならない。

たくさんあった小鳥店は少なくなり、人気のインコやオウムが売れ筋の犬猫と一緒にホームセンターで
知識の無い店員さんにより売られたりする。
十姉妹でさえ手に入りにくくなっている。
特に私の住んでいる横浜は小鳥過疎地である。

大阪・広島にはまだ魅力的なお店があり、九州・四国・近畿には優秀なブリーダーも多い。
関東からは遠すぎるよ。
輸送出来ないんじゃ、買えませんよ。売れませんよ。
これじゃ小鳥店も無くなるよ。

話は違うが、「自転車は車道を走らなくていけない」って知ってる?
私は怖くて車道なんか走れません。自動車を運転する側から見ても、車道でチンタラ走る自転車は迷惑な話。
①行政は小鳥を飼う人・売る人の事を考えていないで法律を作る。
②行政は自転車に乗らないで法律を作る。
要するに何もわかっていない人が、法律を作る(変える)。

どうなってるんだこの国は。
小鳥後進国になってしまうよ。

青菜栽培

1524900084655どこかのブログで「スーパーの青菜は良く洗う。でないと小鳥は短命に終わる。」と書いてあった。綺麗な野菜ほど農薬たっぷりとのこと。
怖いですねえ。
なので我が家は自家栽培しています。種を50cmほどスジ撒きにし2週間ほどで大きくなった順に収穫。※普通はは小さなものを芽カキして大きく育てるらしいが、我が家は逆です。無駄が無いから。ダンゴムシやナメクジや訳の分からない虫が這いまわり小松菜は穴だらけ。農薬があると虫が寄らないから穴が開かない。穴だらけは無農薬の証、だから穴だらけは安心の証。ということ。※あくまでも小鳥用ですが。
ギャラリー
  • 久しぶりに雛誕生
  • 久しぶりに雛誕生
  • 久しぶりに雛誕生
  • 久しぶりに雛誕生
  • やもめ暮らし
  • デブのお嬢さん達
  • 大型ゲージの制作
  • 大型ゲージの制作
  • またまた増