IMG_20190214_101234IMG_20190214_101439
ダイヤモンドの卵をキンカに預けて14〜15日で1羽孵化したのにつまみ出され冷たくなっていました。
どうも雌が子育てに飽きてしまったのか?一緒に育ってた子を親分けしたのが原因か環境の変化に戸惑っているようで、3日前にも自分の孵化しての子を摘まみ出してしまう。
4日前にもダイヤの卵を4個追加(合計7個)して抱かせていましたがこの先が危うい。
ダイヤの卵は有精卵の様でいずれも血管が透けて見える。
何とか貴重な命を守りたいので、早く孵化しそうな3個は十姉妹に預けました。
この十姉妹には孵化後1週間ほどの雛が3羽居ますが、どうなるでしょうか?
この十姉妹の子育て経験で仮母は未だないが、上手に自分の雛を育てられているので、今回も頑張ってほしい。
早速、追加された卵を何事もなかったように抱いていますが・・・。
ダイヤは有精卵は確実に取れるのに仮母のタイミングが悪い。
仮母を増やすか?各種混合卵の抱卵はせずにダイヤに絞るか?