キンカチョウ・カナリヤ・十姉妹飼育など

フィンチ飼育の悲喜こもごも交々・・。増えすぎたら譲渡も検討中。ご意見など喜んで受付けます。

2018年10月

大きくなった

IMG_20181020_100850

挿し餌初めて1週間目だいぶ大きくなりました。大きい雛はオレンジテールの羽が生えて来て足腰もしっかりしてきた。今同時に育っている十姉妹の雛より大きい。
小さい雛はまだまだ力が弱い気がする。(大きい雛と比べれば当然だが)孵化2~3日違いがこの差。
2羽ともよく食べるのですぐに体格差は縮むだろう。あと1週間もすれば飛べちゃうんじゃなかろうか。
それはそれで心配。伊豆旅行に連れて行って差し餌するつもりだから、ホテル内で飛ばれちゃうと困るなあ。
よく食べよくウンコするのでどうしても体やプラケース内が汚れる、出来るだけ清潔に出来るよう心掛けています。

親子揃って

IMG_20181017_110922

家族全員が揃ってた。両親が両サイドで茶色の小淵と頭のてっぺんだけ黒の2羽の子供達。
親分けは1カ月くらい先だろうか、まだまだ小っちゃくて幼児って感じ。可愛い。
思ったより上にも下にも自在に器用に飛べる。
前回はキンセイチョウの雛を上手に育てられなかった両親だが、さすが我が子はしっかり育ててる(今のところは)。
まだ何とも言えないけどこれ以上に育った十姉妹やダイヤモンドが落鳥している経験上楽観視は出来ない。

水浴び

IMG_20181019_123554

誰に教わった訳でもないのに、ちゃんと水浴びをする。
挿し餌を終了して3週間、菜っ葉も器用に食べるし色んなものに興味深々。手乗り(崩れ)だから物怖じせずに外掛けのバードバスにも飛び込むように入る。毎日水浴びするから羽一枚一枚が綺麗で健康そのもの。
本能って凄いなあと思ってしまう。
ダイヤモンドの雛達に差し餌しているスプーンをこの子に近づけると口を開けてねだる。まだまだ子供だなあ。
静かにしている時、囀りの練習だろうかグゼってる。ブリーダーさんの言うとおり雄なのかも。

挿餌グッズなど

挿餌4日目、大きい雛はだいぶ足がしっかりしてきた。私の指を止まり木代わりにして差餌。
小さい方はまだまだ・・・。IMG_20181015_114403IMG_20181015_114539
IMG_20181015_114557
IMG_20181015_114809_BURST001_COVER
(挿餌グッズ)
デジタル温度計(チョット温度が高い)
ホットマット(温度調節が出来ない・・安物だから。)
挿スプーン(コンビニのコーヒースプーン。左のままだと大きいので口に合わせて削ってみた。割りばしより全然いいし、衛生的。ずっと使えるしね。)
手乗りダイヤにしたい訳じゃない。手乗り崩れを目指して頑張るべ。

有精卵が有った

10/11に仮母からダイヤモンドの雛を巣上げしたが、引き続きキンセイチョウの卵を托卵しました。

2日前に有精卵らしき卵を2個キンカチョウに預けたが。10/12キンセイチョウの巣を見るとまだ4個有った。
もう体を休めて欲しいので全て撤去した。検卵してみると殻越しに心臓が動いてるのが透けて見える卵が有ったので十姉妹に4個全部預けました。昨日まで雛に餌を与えていたが、母性が働いたのかしっかりと抱卵しています。

いつ孵るんだろうか産卵日分かりません。(たぶん10/26・27頃か?)
ギャラリー
  • またまた増
  • またまた増
  • またまた増
  • またまた増
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 早熟な子