キンカチョウ・カナリヤ・十姉妹飼育など

フィンチ飼育の悲喜こもごも交々・・。増えすぎたら譲渡も検討中。ご意見など喜んで受付けます。

フインチ

不調の原因

IMG_20200524_121434_BURST006IMG_20200524_121619
シュバシキンセイチョウの飾り尾羽。
無用に長い。なんの意味があるのだろう。
恰好いいから、まっいいか。

今年は雛の成長が悪い。
毎日のように残念な姿を見ることが多い。
あと数日で巣立ちが・・・あっけなく・・。

原因をあれこれ考えてみた。
キンカチョウは雛が巣立ち大きくなると親は羽を毟ったり突いたりと邪険にする。
そして次の産卵に入ったりすることが多い。
発情させるために粟玉を与える。
条件がそろうと各ペアが一斉に産卵に入る。
雛の成長のためにエッグフードも与える。
親は発情が続き・・・で子を邪険にしだす。

私はそれが嫌で今期は産卵後の粟玉やエッグフード控えてみた。
すると今度は子供に対しての邪険は無くなったが、雛の成長が悪い。
やはり与え続けなければならないことに気づかされる。

ちょっとしたことだがやはり栄養のことを考えると粟玉・エッグフードの威力は大きい。

バイタルサインF。
今年は何年も駄目だったシュバシキンセイチョウの繁殖につながった。
オトヒメチョウも産卵した。
多分バイタルサインFが効いたかもしれない。
本来は水に溶かして与えるのだがすぐに腐敗する。難しい。

まだまだ勉強中、経験を重ねないとなあと感じさせる毎日である。

昨日の続き

オトヒメチョウの卵です。IMG_20200513_092628

手前の卵です。奥はキンカチョウの卵。

随分と細長いです。
IMG_20200513_093014_BURST001_COVER
手前の左側。他のはヒノマルチョウやキンセイチョウの物。
雛はキンカだが死んでるようだった。
IMG_20200513_093433
オトヒメチョウのメス。

昨日は1個だった。今日は無かった。
巣から出て遊んでいる。
偽卵とすり替えてキンカチョウに預けました。
さてどうなるでしょうか?

ジュウシマツが育ててる毛むくじゃらは、仮母の鉄壁の守りで写真が取れなかった。
私の見立てではシュバシキンセイチョウ?だと思う。

それにしてもあちこちの巣から雛の鳴き声が日に日に大きくなってる。

キンカチョウが育てているキンセイチョウは一人餌の練習中。
雄キンカが餌やり係。
メスは次の産卵モードで(生んだことはないが)雛を邪険にし始めた。
今のところ上手くかわしてはいるが、この時期が一番危ない。
孵化後30日ほどであと最低1週間は仮母と一緒にさせたい。

オトヒメチョウの産卵など

オトヒメチョウが産卵した。
本日1個を確認する。
前からずっとオスは発情ししきりにメスにアピールしていたがメスにはその気なし。
ずっと駄目だろうと思っていたところ巣から出てこないでいる。
確認すると1個ありました。
静かに見守ることにしましょう。

ジュウシマツが産卵していたので、何だかわからなくなっていた卵を数個預けてしばらくぶりに確認してみた。
毛むくじゃらで体が黒い子が2羽居ました。
まだ孵化後2~3日といったところでこの先どうなるかわからない。
記録をとっていなかったので誰の子だかわからない。
ダイヤモンド・キンカチョウ・キンセイチョウのも卵を預けたような気がする。
我が家ではジュウシマツの子はなかなか取れないでいます。

今日現在のところキンカチョウ4ペアが育雛中。
あちこちで雛の声がするが孵化後すぐの死亡が見られる。
昨日も今日も残念な姿があった。
期待できるのは2ペア。あと5日ほどで巣から出てくるだろう。

素敵なフィンチが仲間入り

IMG_20190726_151001IMG_20190726_150959
IMG_20190726_145728
IMG_20190726_145714
オトヒメチョウとシマキンパラ。
ショップで一目惚れで購入。
どちらもベルギーの繁殖物とのこと。
両ペアとも落ち着いた行動のいい感じ。

シマキンパラ(アミハラ)ショップに4羽居たけど雄雌の違いが判らない。
しばらく見ていると3羽が囀りをしている。(雄確定)
私の見立ては雄1羽と雌3羽だったが、雄と見立てはのはやはり雄。
後の3羽は判断が付かない。その中の2羽が囀り雄確定。
囀らない1羽と盛んに囀る1羽を購入しました。
でも色・体形はそっくりなので区別するために足輪を装着しました。

調べてみると繁殖も容易とのこと。
流行りのヨーロッパ十姉妹にも似ている。
シマキンパラとヘキチョウ・キンパラなどを交雑させて作ったのかと分かる。

ゲージ不足なので今のところ十姉妹と雑居中。
ちなみに十姉妹より若干小型です。
今後どうなるでしょうか?。

オトヒメチョウは文句なしの美形!!
こちらはもっと小型。紅雀位かな。
出来れば繁殖につなげたい。

どちらも鳥インフルエンザの関係で本来の自生地からの便はありませんが、
ベルギーで繁殖されたものが入ってくるということは嬉しい。
今後もっと繁殖のテクニックが普及されて日本でも流通するようになれば、
良いと思いませんか。


アクセス数アップ

昨日、タイトルを「フィンチ飼育など」から
今の「キンカチョウ・カナリヤ・十姉妹・・」に変えたら
途端に訪問者がアップ。

具体的に何を飼っているのかが分からないと訪問しずらいですよね。
現在はキンカチョウの誕生ラッシュなので、中心はキンカチョウですが。
カナリヤ・キンノジコ・ゴシキヒワ・キンセイチョウ・ヒノマルチョウ・十姉妹が居て
本当は話題が尽きないので色々アップしようと思います。

そろそろカナリヤの繁殖時期ですので、こちらもそろそろ。

飼育開始から1年にも満たない初級者ですので色々悩みどころが多いこの頃ですので、
ブログを通じて飼育指導して頂ければと思います。
コメント歓迎です。

よろしくお願いします。
ギャラリー
  • 不調の原因
  • 不調の原因
  • 子供部屋
  • 子供部屋
  • 子供部屋
  • 巣立ち後
  • 巣立ち後
  • 巣立ち後
  • 巣立ち後