キンカチョウ・カナリヤ・十姉妹飼育など

フィンチ飼育の悲喜こもごも交々・・。増えすぎたら譲渡も検討中。ご意見など喜んで受付けます。

ダイヤモンドフインチ

挿餌グッズなど

挿餌4日目、大きい雛はだいぶ足がしっかりしてきた。私の指を止まり木代わりにして差餌。
小さい方はまだまだ・・・。IMG_20181015_114403IMG_20181015_114539
IMG_20181015_114557
IMG_20181015_114809_BURST001_COVER
(挿餌グッズ)
デジタル温度計(チョット温度が高い)
ホットマット(温度調節が出来ない・・安物だから。)
挿スプーン(コンビニのコーヒースプーン。左のままだと大きいので口に合わせて削ってみた。割りばしより全然いいし、衛生的。ずっと使えるしね。)
手乗りダイヤにしたい訳じゃない。手乗り崩れを目指して頑張るべ。

巣上げ

IMG_20181011_103801
本日(10/11)、9/30に孵化して10/2に3羽が居たが1羽死んで2羽に。
この大きさの違いは孵化が2日違うからかなあ。
本当はしたくはなかった挿餌・・・開始です。エグザクトにエッグフードを混ぜたもの。
しばらくは大変な日が続きそうです。
IMG_20181012_151227
(10/12小さい方)
IMG_20181012_151140
(10/12大きい方)

続々と雛が孵化して

10/7現在、第一十姉妹ペアから2羽、第二十姉妹ペアはダイヤモンドフィンチの雛2羽(3羽孵って1羽死亡)がそれぞれ育雛中。
悩んだ末にこのダイヤ雛は私が挿餌をする事にする。孵化10日目が10/10雛の大きさを見て決行する。
何としてもダイヤの数を増やしたい。
久し振りに雛の独特な鳴き声がする(日に日に声が大きくなってる)。
未だ孵化後7日、順調です。

続けて・・・

IMG_20180707_172725
先立った兄弟を追うようにまたダイヤの雛が死んだ。

一昨日は、先立った雛を目の前にガツガツと餌を食べていた雛だったが・・・残念!!
生後約40日、十分育っていい頃なのに、親分けが35日目は厳しかったのかも知れない。
何かが、足りていないのだろう。

私だって出来れば親とは引き離したくは無かったが、親が雛に餌をやらない以上
雛が1人餌を始めたからには分けずにはいられないだろう。
挿し餌するには遅すぎるし、何もしなければやはり死んでいただろうし・・・。
天命なのだろうか。残念すぎます。

次にまた卵を産んだら、今度は別の仮母に預けてみようと思う。

悲しい 

1530782760526
昼まではすごく元気だったのに!!!

私の手の中で死にました。
出来ればこんな場面に遭遇したくなかったけど・・・。

昨日、突然仮母が餌やりを避けていて雛たちがせがむのに何もしない
仮母には預けられないと思い、強制親分けした翌日のことでした。

2羽とも一人餌していたので安心していた矢先の出来事でした。
写真の向こうにもう1羽の雛が見えるがこの子もどうなるか分からない。

今日死んだ子は賢く動き飛翔もしっかりしているのに比べてもう1羽は
金網にぶつかり嘴のもとを腫らしていて呼吸が荒いのが気がかり。

安心して見てて今日死んだ子・・妙にに壺巣から出てこない、眠たそうにしている、・・
実は苦しくて耐えていたんだね!  ごめん気が付かなくて・・。
手に取ってみると全然力がない・・大きな息をして・・静かになった。
まだ暖かい・・でも死んだんだ。  信じられない。

仮母がもう1日でも2日でも餌やりを続けていてくれたら、結果が違ったかもしれない。
昨日、そのまま仮母に預けておくべきだったか?
それとも、天命か!
もう1羽は今のところ自分でしっかり餌を取っていて元気だが、解らない。

たった37日の命だったけど、よく頑張った!!
フインチの飼育を初めて間もないが、初めての命の誕生そして「死」・・つらい!


ギャラリー
  • またまた増
  • またまた増
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 素敵なフィンチが仲間入り
  • 早熟な子
  • 雌じゃなくて雄だった
  • 雌じゃなくて雄だった